アール学派
フォーラム型の学術系サイト!? 社会学、経済学、経営学などの社会科学系が中心。 フォーラム型とは、複数人の執筆によるサイト運営です。みなさまのTB・CMは、歓迎いたします。ご自由にどうぞ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ばかばかしい広告
今回のターゲットはコチラ↓
子ども投資家も痛手 「経験から多く学んで」(Yahoo!ニュースより)

直感的な感想です。
マネックス証券の“大人なのに、まだ証券口座がないの?”というキャッチフレーズを見るたびに、ムカつきますね。マネックス自体もライブドア事件に関連したニュースがありましたけど。マネックスのPR、ほんと、ばかばかしい。どうです、この人の心を逆撫でする下品な広告。広告手段として、強烈なアピール自体が目的なら仕方ありませんが。

また、日本の投資教育ってどうなの?って感じもありますし。お気の毒ではありますが、損した当の本人たちも、どれだけ株の基本的な勉強をしたのかと。でも、このことで、ミクロ・マクロ的な視点から、冷静な判断しなければならないという教訓になったのは良かったと思います。自己責任という意味を、しっかりと肌で感じたのですから。

それしても、ヤフーも含め、各メディアもウケ狙いの記事を載せてきますね。
[ばかばかしい広告]の続きを読む
スポンサーサイト
日本人にモラルなんてない!?
コンビニごみ箱“封印” 持ち込み「我慢限界」 仙台(Yahoo!ニュース)

日本人の浅ましさ、ここに極まるって感じです。
高速のインターでも同じような現象がありましたが、さらに、それが一般化してきたようです。
コンビニに捨てれば、袋代もかからないし。まさにコンビニエンス、さまさまです。
自分の家は汚したくないけれど、公共の場は全然かまわないというもので、最近は、コンビニやスーパーのトイレまで、徹底的に借りまくる日本人。常連さんもいますし、紙代・水道代もったいないですからね。
用は、自分の腹を痛めたくないという、まさにシミッタレ野郎に成り下がった日本人。
※「ケチとシミッタレは違います」by吉本晴彦(大日本どケチ教教祖)
そこくせ、客としてのプライドはピカイチ。
それも、来たる格差社会の到来で、どこまで耐えられるものか見ものです。

堕落論
堕落論


食の堕落と日本人
食の堕落と日本人

※著者の小泉氏は、醸造・発酵の研究者で、以前、NHK教育の人間講座で講師をしてました。
(祝)ロッテ優勝! (Yu-ta)
ども、Yu-taです。
先日、ロッテ優勝しましたね。
30年くらい優勝から遠ざかっていたとのことでファンはひとしおなのでしょうね。おめでとう!
それに外国人監督が優勝した、というのも初めての事では…と思うのですけれども、前回ロッテの監督をした時は、球団組織の秩序維持の為に切られたバレンタイン…後釜の広岡の体たらくと、メッツでの活躍のバレンタインを見れば…まぁその選択が如何ほどに意味があったかは押して知るべきでしょうな。
巷での俗見では、外国資本のハゲタカCorp,占領軍司令官の外人上司は合理主義者の人間の皮を被った宇宙人、というのが相場ではありまして、まぁそれは大抵そういう面もあるのでしょうけれども、監督としての彼は凄いね。人間相手の司令官、という事を良く知っているんでしょうな、きっと。

[(祝)ロッテ優勝! (Yu-ta)]の続きを読む
イグ・ノーベル賞にむけて夢幻人
ノーベル賞といえば、もう一つの栄冠、すなわち“イグ・ノーベル賞”
先ごろ、ドクター中松こと中松義郎氏が受賞。ウィキペディア(Wikipedia)などで調べてみると、日本人受賞者も結構います。
奇抜なアイデアでこちらも狙う勝ちあるかも!
ちなみに、Yu-ta氏の記事にある本家本元の“経済学賞”は、もちろんノーベル賞ではありません。
[イグ・ノーベル賞にむけて夢幻人]の続きを読む
出生率はリラックマを超えれるか?(Yu-ta)
ども。最近は、選挙に行ったり、国勢調査を書いたり、それじゃイッパシの市民じゃん!がっかりだよ!>Yu-taといった感じのYu-taです。
そう、それで国勢調査といえば、まぁ統計なんぞ、比較的どうでもよくって強いて言えば内閣府統計局の雇用には役に立っているとしか言いようがないのですが、世間的にはわが国の人口減少が既に起こっているか?が焦点のようですな。
あえて正確を期しますと、それを気にしている人々の集団がいる、とでもいいましょうか。
[出生率はリラックマを超えれるか?(Yu-ta)]の続きを読む
神保町巡回Vol.4(Yu-ta)
ども、久しぶりに神保町にいってきたYu-taです。っていか単にサボっていたんですけれども、理由は「暑いから」なわけでして、涼しくなったと同時にGo! という現金さな訳です。
 と言っても初めから行く気が有ったわけではなく、知人がYu-taさー、明日どっかランチにいくべ? という事で大食漢な彼ご満悦を考えますと神保町のチャイナで如何?と、相成りし候、という次第。
従いまして、飽くまでも巡回はオマケでして、ささっと見たわけですけれども、やっぱ微妙っすね。お盆終って1ヶ月経ちますけれども、この時期は不毛やね。これといった出物もなかったわけですけれども。
[神保町巡回Vol.4(Yu-ta)]の続きを読む
私的サプライズ夢幻人
自民党の比例南関東ブロック35位で当選した杉村太蔵氏!!
sugimura-ta.jpg

いいキャラしてます。なんか、ドラマを見ているような展開です。少しデフォルメすれば、いけるかも。胡散臭い新人議員たちよりもよっぽどマシです。選挙戦でのホリエモンや、選挙後の前原進代表(おかげでリーダーの平均年齢が下がったとか)や、辻元議員、ムネオ議員なんかどっかに吹っ飛んじゃいました。

タナボタ発言や、行きつけのクリーニング屋での見るからに素人っぽさが、ある意味絵になります。
ただ、あまりしゃべりすぎて幹事長からお叱りの電話が・・・
さらに、居残り勉強までさせられる始末。
[私的サプライズ夢幻人]の続きを読む
ヒマネタにて:用語編(Yu-ta)
まったくもってどうでもよい話ですが。
danna氏とは自宅が近いこともあり、例えば神保町から帰るときにこんな会話になります。
Yu”dannaさ~、帰んの面倒だっけ、緩行回ってM電でけぇろ~や。”
Da”えー。座って楽して帰ろうよ。椅子は硬くても209でいいじゃん。”
Yu”Dannaチキンだな。それにM電のアタリで215ならフカフカだべ?(w”
Da”215ならマド全開でいいけどさー。231は山手でもM電でもSSでもきついよー”

[ヒマネタにて:用語編(Yu-ta)]の続きを読む
民主主義終焉への鎮魂歌;やすらかに眠れ… (Yu-ta)
進化論への新たな刺客、インテリジェント・デザイン理論をいうアメリカ人をアホでマヌケなサル、というのが日本人の一般常識らしいですな。ま、それはそれでいいとして。
話は少し違いますが、日本人の7割は無宗教、しかし5割弱は何かにすがりたい、との事。

民主主義とは与えられるものではない、不断の闘争によって獲得され、それを常に監視しなければ決して民主主義は維持できない、と昔の人はいいますが、それは民主主義という理想が、いかに人間の思考習慣のなかで困難なものであるかよく知っていたからでしょうな。
かつてナチス・ドイツ率いるヒトラーは、熱弁と拳によって第三帝国を築いた。決して武力と強制によってのみではなく、ワイマール体制という極めて民主的な政治制度のもとで生まれた、孵卵機として機能した、という事をドイツ人はいまでも忌み嫌いますな。事実は得てして残酷ですからな。

[民主主義終焉への鎮魂歌;やすらかに眠れ… (Yu-ta)]の続きを読む
消費税増税の是非について夢幻人
衆院選のメインテーマの裏で、囁かれだしてきた消費税について少し考えてみました。
前提条件として考えられることは、日本人は従順な民族で、日本から逃げ出そうという思考が欠如した、もしくはそのような思考にすら無自覚な保守的な民族です。ゆえに、この自民党の思惑は間違いなく成功すると思われます。他政党、例えば社民党などは、弱肉強食、都市の富裕層に甘い政策と揶揄し、悪いことだと主張していますが、非常に不愉快に感じます。金のフローも考慮すべき問題ですが、政治家は肥大化した国家システム自体にキチンと取り組まなければならないのに、この体たらくはなんだ!です。今後は、自己責任、自己の才覚によって機会の平等が確保される世の中になった方が、現在の民族的なねじれ状態を是正できる可能性を含んでいると考えます。すなわち、これは、中流意識(どちらかというと中産意識化)や平等意識の権利的主張です。なんらパワーの裏づけがない下層愚民(つまり、馬鹿で無教養・下品な小金持ち)が、あたかも大金持ちがごとく振舞う姿は、非常に見苦しいものを感じます。それを明確に線引きするためにも、金持ちと貧乏人を明確に区分する必要があります。本当の金持ちは多少税金が上がったところでビクともせず、またそれに対応できる能力や正当な手段を持ちえています。ところが、小金持ちはそうしたレベルまで達していないように考えられます。
私は、教育政策による是正ができなければ、こうしたスミス的な自由経済システムや税システムによる是正が可能だと考えています。簡潔に言えば、ある線を境に区分することで、鼻持ちならない現在の日本人の思考を変えることを意図しています。
故池田首相が、“貧乏人は麦飯を食え”といったことがありますが、逆にとらえれば、身分相応の生活水準・態度をとれと言いたいのです。そして、日本国に税金をとられたくなければ、他の国に移住したらいいではないですか。それもできない腰抜け国民が!!
しかしながら、これは従来の大きな政府型の腐敗した国家システムを永らえさせる手段となるという欠点もあります。だだし、これは、いっこうに前進しない改革を無視して考え、最終的には国家システムか国民かのどちらが耐えられるかという我慢比べの要素があると考えます。国家崩壊を危惧する方がいますが、そんな概念(国家意識)が果たして国民の中にどれだけあるのでしょうか?
いけ好かない、日本人の“中流意識”を駆逐するために、そして、不法外国人からも、しっかりと税金を搾り取るためにも。
以上、挑戦的テーマでした。
すたちすちくは郵政民営化を超えるか?(Yu-ta)
先月の消費動向指数は、委託先のオイタでポシャったと聞いて、あぁ景気動向なんて気分の問題だから、調査対象者の気分と、ズルした委託先調査員の気分と、まぁ大して変わらんやんけ~。景気なんぞ本当の良し悪しじゃなくて、他人がどう思ってるかを自分が感じるという、ヴィトケンシュタインとケインズの言ったことを足して二で割ったような訳の分らんものですな。そしてそれを統計なんぞというビキニと一緒でどうせ肝心な事は分らん、というもので云々しようというのだから没有問題、と思ったり思わなかったりしているYu-taです、残暑お見舞い申し上げます。
さて、最近は郵政がどうとか言ってるんですけれども、Yu-ta的関心は、日本人は民主主義を理解しているか?それともサルか?でありまして、予想通りならば60年前の二の舞を踏む事、かなり確実かな~と。
[すたちすちくは郵政民営化を超えるか?(Yu-ta)]の続きを読む
Yu-ta的読本事始 (Yu-ta)
ども。日々私小説流行は作家の堕落だ、と思っているけれども、自分が文章を書くとまさに堕落の極みを歩んでいるだと思うYu-taです。筒井の言うとおりに堕落論を読んで堕落しようかと本気で考えています。
日毎、週末になりますとノコノコと神保町に繰り出してムフフな本を物色し、コイツ本当に暇人だな、Yu-taクズだな、という感じですが、こういうと実も蓋もないですが本を読むのは嫌いなYu-taです。

そんなもので基本的には本好き少年や文学少女とは相容れないと思うのですが、本を読むのは嫌い、んでも本には知っておくべき事、知りたい事が書いてある訳でして、そりゃアレだ、読まんわけにはいかんぜ?という頃合です。
まったくYu-ta事でど~でも良いことですが、私がまっとうな本を読んだのは、自分が初めて学生だ~と思った年の夏休みでありました。
チョイスは、以前に講座にてとある先生が言っておったヴェブレンの本でした。
と言っても、ヴェブレンの書いた本ではなくて、仙人宇沢氏の解説書(w
[Yu-ta的読本事始 (Yu-ta)]の続きを読む
公立図書館巡回(番外) (Yu-ta)
ども、田舎モノが田舎に帰ってきて、田舎ふうに染まっているYu-taです。

帰省して実家にて一日の~の~としてるもの何ですので、実家市立図書館に久しぶりに顔をだしてきました。
Yu-taは古書屋の目には慣れてるんですけれども、図書館の目はイマイチです。
と言う事で、図書館に行っても”おぉ~この本レア~! 売ってたら4500ならカイだな!”とか訳のわからない事をまず思ってしまう次第…

[公立図書館巡回(番外) (Yu-ta)]の続きを読む
神保町巡回にて(Vol3) (Yu-ta)
最近ゾロアスター教の本を読んでてまっとうなネタを書いていないYu-taですが、隅田川花火の今日もそんな事はどこへやら。最近ふと思うのは我ながら書いている文面を見ますと”怪しいやつ”か”いっちゃてる奴”なのは確実でして、そうか~なかなかだっ!おめでとうっ!という感じです。自分で自分を褒めてあげたくなる、例のせるふさてすふぁくしょんです。あ、ちなみにYu-taはDを”でー”Tを”てー”とユマニスト方式(謎)に忠実に発音しますのでお見知り置きを。

さて、神保町の古書店巡りもこの季節は辛ぅございますな。暑い最中、重たくてカビくさい本を抱えてワシワシと歩くだけでもだれます。
そんな訳で本日のGet品はウェーバーの「ロッシャーとクニース」の上下巻セットで3ケタのお値段でしたのでGet.
それでもって基本的にサーチのやる気もかなり暑さで限界不効用が最適値に近づいて、今一歩で均衡点!という感じでワルラス爺もニコニコな感じでしたので微妙に目の焦点が定まりませぬ。
おぉ!と思ったのは、厳松堂にて 廣松編『資本論を物象化論を視軸にして読む』(岩波セミナーブックス)でしょうか。もってなかったらGetしていましたが、これねーあいにくねーわざわざネットで引いて、現地まで買いに行ったんだよねー、謎の西武線をのって謎の駅に降りて。(w
[神保町巡回にて(Vol3) (Yu-ta)]の続きを読む
今日もお江戸は日本晴れ☆ (Yu-ta)
しかしまぁなんですな。こう暑いと何もする気が起きないというのは平々凡人のYu-ta的にはピッタリな言い訳です。あなたも如何?
さてこうもクソ暑いと、暑い空気の発生源フィリピン沖だそうですが、暑いのは連中が垂れ流している太平洋高気圧のせいだ!という事で、夏場に使うエアコン代はフィリピンの国税でもって弁済させよう案も可決しそうな勢いです。最近タバコやら雌専用車だのとヒステリーが流行っているので案外ありえるかも。

さて暑いといえば、超高層ビルによる影響って結構あるそうでして、まず回転ドアで人が挟まれる・・・は違うな、、ビル内冷房の為の廃熱、外壁の反射熱、中にいるネクタイ人間の守銭奴熱、サルみたくなってる色恋熱、エレベータが来なくて真っ赤になってる怒り熱と、まぁ比較的どうでもよいのもありますが。
ところで、かつてロンドンで超高層ビルを建てようとした時にだされた、Working-Paperには超高層ビルなんざぁ2流の都市が作るもので、ロンドンに作ったらわしら2流って事を自他共に認める事になるのでやめれ(w といったとかいわなかったとか。
という事は、世界一ビルの多いNY,上海は、比較的2流というか3流な訳でして、周囲の状態を逸脱したビル建設といえばバンコク、クワラルンプール、そして東京、だったりします。という訳でわしら3流. :(

3流の原因は明らかでして、モノマネ・サルマネの「東京」作りと、その人間に非があるのは明らか。思えば東京の前身の「江戸」は一流の都市でしたな。

[今日もお江戸は日本晴れ☆ (Yu-ta)]の続きを読む
copyright © 2005 アール学派 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。