アール学派
フォーラム型の学術系サイト!? 社会学、経済学、経営学などの社会科学系が中心。 フォーラム型とは、複数人の執筆によるサイト運営です。みなさまのTB・CMは、歓迎いたします。ご自由にどうぞ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
戦後60年にて (Yu-ta)
どうも。最近盆休みでぷよぷよの“みどりぷよ”のように、日々ぢべたにゲル状にのわたっているYu-taです。ゲル状になるついでに次にこの1分子がどこに移動するかのカオス理論が解けるかな~というくらいクズっぽい生活であります~☆

さて、ハンムラビ法典に”右の頬を打たれたら左の頬をだせ”とは言っておりませんが、イワンの”パンにはパンを、血には血を”というのが最近の流行らしいですな。はぁ? Yu-taぁ~こんどはあれかよ、古代とWW2のイワンの講釈かよ~、あいかわらずくずっぺぇな、とお思いかもしれませんが、まぁそれは置いておいて。
現代人というのはあれですかね、自分の頬を打たれたことは50年経っても60年経っても覚えてる。でも、自分の右手で何をしたかはさっさと忘れる。いや、忘れたい、思い出したくない、のかも知れませんけれども、それはサイレントな訳です。かくして、どこへいっても頬を打たれた事だけが幅を利かせて…
この辺りが人間の限界なのかな~と思ったり、いや~生物的には正常なのかな~とも思いますが。
 TVでみる第二次世界大戦は大変な新説でして、あの戦争は国によっていくつか同じ名前で色々なのがあったみたいですね。曰く、日本では、広島と長崎に原爆が落とされたことを言う、中国・朝鮮では日帝の手先が略奪にお出かけしてきた事を言う、ヨーロッパではナチスで、アメリカではハリウッドのレッドパージ…はいいとしても、パールハーバーだったりで、あぁそう考えると人間の記憶もかなりいい加減だな~と思いますけれども、紙に書いてる歴史なんぞというも結構似たような良い加減さだな~と。
[戦後60年にて (Yu-ta)]の続きを読む
スポンサーサイト
上海好日!(「嘘つきの謗り」)武知無来
 ジジョウ(事情)があって?いやモノノハズミ(弾み)で中国語を勉強する羽目となった。「イー、アー、サン、スー」、「ニー・ハオ」からである。どんな事情?どんな弾み?なのかは説明し難いが、強いて言えば「性格が災いして」だろう。
 「有言実行」*ならちょっと格好が良い。「無言実行」*はもっと格好が良い。「無言無為」はまだいい、「有言無為」はマズイ!これは通常「嘘つき」という。どうもこれまでの人生、「ヤルゾ!ヤルゾ!」の掛け声の割りに実行が稀である。「言い訳だけが人生だ」とまでは言わないが、やたら言い訳や言い逃れけだは上手くなった。多少(大いにか?)に誇大妄想気味のところがあるのだろう。思い浮かんだ企画、思いついたアイデイアをすぐに口にしてしまうのがまず問題。成功したイメージだけを語るところが次に問題。プロセスの困難さを計算しないのがまた問題。決定的には、努力をほとんどしないこと。凡才であることの自覚がまったく無い。
 「中国へ、上海へ中国語の勉強をしに行きます」。身から出た錆び?かくして2004年7月、私は抗日・反日1年前の上海に向かう羽目になった。「嘘つき」の謗りを受けないために。
(*「有言実行」も「無言実行」も造語?広辞苑にそのような言葉は無い。もちろん「有言無為」は私の造語である。)

[上海好日!(「嘘つきの謗り」)武知無来]の続きを読む
“談合”をめぐって(夢幻人)
最近、再び話題性を増している“談合”ですが、武田晴人氏は談合の背景を文化や歴史的経緯から分析している。彼は、「NHK高校講座 歴史で見る日本」にも講師として出演されていましたが、日本経済史が専門だけあって、見事に分析しているように思える。現代では、金丸事件など数々の談合疑獄事件を取り上げ、さらに、入札制度や談合の仕組み(例えば“チャンピオン”などのやり取りなど)、日本特有の談合の特徴を、江戸時代からの歴史的背景を元に、詳細に記述されている。

関連ホームページ:
「武田晴人ホームページ」
[“談合”をめぐって(夢幻人)]の続きを読む
copyright © 2005 アール学派 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。