アール学派
フォーラム型の学術系サイト!? 社会学、経済学、経営学などの社会科学系が中心。 フォーラム型とは、複数人の執筆によるサイト運営です。みなさまのTB・CMは、歓迎いたします。ご自由にどうぞ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(祝)ロッテ優勝! (Yu-ta)
ども、Yu-taです。
先日、ロッテ優勝しましたね。
30年くらい優勝から遠ざかっていたとのことでファンはひとしおなのでしょうね。おめでとう!
それに外国人監督が優勝した、というのも初めての事では…と思うのですけれども、前回ロッテの監督をした時は、球団組織の秩序維持の為に切られたバレンタイン…後釜の広岡の体たらくと、メッツでの活躍のバレンタインを見れば…まぁその選択が如何ほどに意味があったかは押して知るべきでしょうな。
巷での俗見では、外国資本のハゲタカCorp,占領軍司令官の外人上司は合理主義者の人間の皮を被った宇宙人、というのが相場ではありまして、まぁそれは大抵そういう面もあるのでしょうけれども、監督としての彼は凄いね。人間相手の司令官、という事を良く知っているんでしょうな、きっと。

[(祝)ロッテ優勝! (Yu-ta)]の続きを読む
スポンサーサイト
ノーベル経済学賞@2005 (Yu-ta)
ども、Yu-taです。今週初めに決まったのですけれど、相変わらず新派主義という事で、君らはセクトかね?という感じもしばしばですけれども、珍しく”昨年よりマシ”という今時の連ドラよりは真っ当な今回でした。
ゲーム理論というのは、それ自体では非常に役立たずでして、特にそれが独立に理論として成立すると思っている連中には殊更ですな。とある生物・経済学者のコメントのように”人生をゼロ・サムゲームと思うなかれ”といわれる様に、まぁナッシュ均衡でも非協力ゲーム解でも、なんでもいいんですけれども、前提とする人間の心理現象は相変わらずブラック・ボックスですから。
ただし、道具として概念程度の状況理解にはいいかと思う次第。最近○くなったYu-taでした。
昨年度は、受賞にもかかわらず、極東(書店)くらいでしか、書籍が見当たらず、っていうか日本人的にはど~でもよいのね、という感じの2004ですが、オーマン著は和訳されています。
今度出物で拾おうかと思ってますので、まだ手に取ったことはないですが。

ゲーム論の基礎
ロバート・J. オーマン 丸山 徹 立石 寛
4326931981


イグ・ノーベル賞にむけて夢幻人
ノーベル賞といえば、もう一つの栄冠、すなわち“イグ・ノーベル賞”
先ごろ、ドクター中松こと中松義郎氏が受賞。ウィキペディア(Wikipedia)などで調べてみると、日本人受賞者も結構います。
奇抜なアイデアでこちらも狙う勝ちあるかも!
ちなみに、Yu-ta氏の記事にある本家本元の“経済学賞”は、もちろんノーベル賞ではありません。
[イグ・ノーベル賞にむけて夢幻人]の続きを読む
ノーベル経済学賞にむけて(Yu-ta)
ども、どもどもども。
この季節となりますとソワソワするのは、オタクだからでしょうか?
それはともかく、もうすぐ今年の経済学賞がでますな。
と浮かれていても、あれですよ、例によって例のごとくだったりしますな。
思えば昨年度(2004)なんて、これもんですしたな、フリードマン大先生の
弟子っていうことで、はぁ~ん、そうなんだ~。で、誰?あんた。
という感じでしたな。
それはYu-taクン、君が無知だからデスヨ!
と心にズキっと着たので、確かめてみました!!

[ノーベル経済学賞にむけて(Yu-ta)]の続きを読む
出生率はリラックマを超えれるか?(Yu-ta)
ども。最近は、選挙に行ったり、国勢調査を書いたり、それじゃイッパシの市民じゃん!がっかりだよ!>Yu-taといった感じのYu-taです。
そう、それで国勢調査といえば、まぁ統計なんぞ、比較的どうでもよくって強いて言えば内閣府統計局の雇用には役に立っているとしか言いようがないのですが、世間的にはわが国の人口減少が既に起こっているか?が焦点のようですな。
あえて正確を期しますと、それを気にしている人々の集団がいる、とでもいいましょうか。
[出生率はリラックマを超えれるか?(Yu-ta)]の続きを読む
神保町巡回Vol.4(Yu-ta)
ども、久しぶりに神保町にいってきたYu-taです。っていか単にサボっていたんですけれども、理由は「暑いから」なわけでして、涼しくなったと同時にGo! という現金さな訳です。
 と言っても初めから行く気が有ったわけではなく、知人がYu-taさー、明日どっかランチにいくべ? という事で大食漢な彼ご満悦を考えますと神保町のチャイナで如何?と、相成りし候、という次第。
従いまして、飽くまでも巡回はオマケでして、ささっと見たわけですけれども、やっぱ微妙っすね。お盆終って1ヶ月経ちますけれども、この時期は不毛やね。これといった出物もなかったわけですけれども。
[神保町巡回Vol.4(Yu-ta)]の続きを読む
copyright © 2005 アール学派 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。