アール学派
フォーラム型の学術系サイト!? 社会学、経済学、経営学などの社会科学系が中心。 フォーラム型とは、複数人の執筆によるサイト運営です。みなさまのTB・CMは、歓迎いたします。ご自由にどうぞ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
上海好日!(「嘘つきの謗り」)武知無来
 ジジョウ(事情)があって?いやモノノハズミ(弾み)で中国語を勉強する羽目となった。「イー、アー、サン、スー」、「ニー・ハオ」からである。どんな事情?どんな弾み?なのかは説明し難いが、強いて言えば「性格が災いして」だろう。
 「有言実行」*ならちょっと格好が良い。「無言実行」*はもっと格好が良い。「無言無為」はまだいい、「有言無為」はマズイ!これは通常「嘘つき」という。どうもこれまでの人生、「ヤルゾ!ヤルゾ!」の掛け声の割りに実行が稀である。「言い訳だけが人生だ」とまでは言わないが、やたら言い訳や言い逃れけだは上手くなった。多少(大いにか?)に誇大妄想気味のところがあるのだろう。思い浮かんだ企画、思いついたアイデイアをすぐに口にしてしまうのがまず問題。成功したイメージだけを語るところが次に問題。プロセスの困難さを計算しないのがまた問題。決定的には、努力をほとんどしないこと。凡才であることの自覚がまったく無い。
 「中国へ、上海へ中国語の勉強をしに行きます」。身から出た錆び?かくして2004年7月、私は抗日・反日1年前の上海に向かう羽目になった。「嘘つき」の謗りを受けないために。
(*「有言実行」も「無言実行」も造語?広辞苑にそのような言葉は無い。もちろん「有言無為」は私の造語である。)

中国語学習ハンドブック
相原 茂

4469231258

関連商品
雨がホワホワ―中国語のある風景
あ、知ってる中国語―常用文ファイル50
やさしくくわしい中国語文法の基礎
話すための中国語―北京七泊八日の旅
謎解き 中国語文法
by G-Tools
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://risblog.blog14.fc2.com/tb.php/18-326741b0
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 アール学派 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。