アール学派
フォーラム型の学術系サイト!? 社会学、経済学、経営学などの社会科学系が中心。 フォーラム型とは、複数人の執筆によるサイト運営です。みなさまのTB・CMは、歓迎いたします。ご自由にどうぞ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大学教師の呼び方って・・・(Yu-ta)
ふと思うには、敬称その他で随分だな~とな。
例えば、Yu-ta的には、

呼び方1; クラークさゆりん教授 →危険度3
***教授、という呼び方は丁寧ではありますけれども、言ってみればよく知らない外の人だな~という意味合いです、普通はそう呼びませんので。Telにて***教授おられますか?と来る場合、まずは不動産投機か金融先物、マンション営業だったりする事多々なので、警戒される訳です。
しかし対面の場合に***教授というと更に悲惨で、それはアレかね?私が教授昇格基準の公表された論文3本をやっとこさっとこ書き上げて、しかも内容がないのを小バカにしてるのか、コイツは!と思われる事無きにしもアラズ。
或いは、こ・・・こいつアレだな、俺様の昇格人事の時にA派には主任から凄みを効かしてビビらせ、B派には金じゃダメだったので後のバーターで談合したのを知って嫌がらせで言ってるな。よし、こいつには絶対に単位はやらん(あるいは、この業界から抹殺してやる、うっしっし)となるとさぁ大変。更に講師や助教授の人に、一律に教師=とりあえず教授と言っとけ案。これは相手に殺意を植え付けるには効果的です。8年間大学に(自発的・非自発的に関わらず)いたい人にはいいかも。。
呼び方2; クラークさゆりん先生 →危険度1
***先生、というのは一般に無難な呼び方です。どんな人でも取り合えず教壇にたってる人であれば問題ありませんので。
ちなみに4~5人いて、先生、と呼んだ場合は全員が振り返って、あぁ~なんだYu-ta、俺様を呼ぶなんていい度胸だな。とガンをくれられますのでご用心。

呼び方3; クラークさゆりんさん →危険度2
基本的に***さん、と呼ぶ場合は同業者で同じ年恰好の人同士の場合です。派生系では***くん、と言う場合はかなり親しい間柄で、しかも年下の場合か、学生のつけるあだ名の場合も。
学生のつけるあだ名というのは面白いものでして、ハゲとかふとっちょ、などは普通にあるので面白くありません。
基本は苗字の上2文字か下2文字がオーソドックスな形態で、例えば山上という先生でしたら、山っち、或いはガミさん。星中でしたら、ホッシーか、チュウ、でとりあえずOKでしょう。
ただし、昔Yu-taの同期で、とある先生をいつもあだ名で呼んでいた奴、本名もそのまんまだと思い込んで、論文の謝辞にもそのまま書いて提出。跡で冷や汗・・・などという事も。ちなみに、その彼、後にわざわざその先生の研究室まで出向き、”あ、ちょっと訂正シールを貼らせてもらいますわいね”と度胸のある行動に。
ちょっとLvがあがりますと、身の上話で、実家がカメラ屋で・・・などという話から ”せがれ”とか言われたり、自宅が台風でやばくなってさーっ!!などと話をすると、”洪水”などとも・・・

どの道、使わぬが吉。本人が後ろにいることもしらず、せがれがまたやらかしたみたいっすよー、などというのを聞かれたら、一夏の間はエアコン要らずでお寒い事になったりする事確実です。
新 大学教授になる方法
新 大学教授になる方法

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://risblog.blog14.fc2.com/tb.php/20-2d806503
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 アール学派 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。