アール学派
フォーラム型の学術系サイト!? 社会学、経済学、経営学などの社会科学系が中心。 フォーラム型とは、複数人の執筆によるサイト運営です。みなさまのTB・CMは、歓迎いたします。ご自由にどうぞ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
神保町巡回にて(Vol3) (Yu-ta)
最近ゾロアスター教の本を読んでてまっとうなネタを書いていないYu-taですが、隅田川花火の今日もそんな事はどこへやら。最近ふと思うのは我ながら書いている文面を見ますと”怪しいやつ”か”いっちゃてる奴”なのは確実でして、そうか~なかなかだっ!おめでとうっ!という感じです。自分で自分を褒めてあげたくなる、例のせるふさてすふぁくしょんです。あ、ちなみにYu-taはDを”でー”Tを”てー”とユマニスト方式(謎)に忠実に発音しますのでお見知り置きを。

さて、神保町の古書店巡りもこの季節は辛ぅございますな。暑い最中、重たくてカビくさい本を抱えてワシワシと歩くだけでもだれます。
そんな訳で本日のGet品はウェーバーの「ロッシャーとクニース」の上下巻セットで3ケタのお値段でしたのでGet.
それでもって基本的にサーチのやる気もかなり暑さで限界不効用が最適値に近づいて、今一歩で均衡点!という感じでワルラス爺もニコニコな感じでしたので微妙に目の焦点が定まりませぬ。
おぉ!と思ったのは、厳松堂にて 廣松編『資本論を物象化論を視軸にして読む』(岩波セミナーブックス)でしょうか。もってなかったらGetしていましたが、これねーあいにくねーわざわざネットで引いて、現地まで買いに行ったんだよねー、謎の西武線をのって謎の駅に降りて。(w
ほかといえば、最近はクライン『ケインズ革命』がよく落ちてるんですが、L.R.クラインというなんともファミコンのコントローラーみたいな名前のくせに結構大物です。そのうちにGetしようかな~とは思ってるんですが、1000は微妙。800ならカイ、かな。
また、同じく厳松堂にて、ミル(J.S.ミルじゃない方)の商業擁護論だったかな、東大出版会ので。安かったので買おうかな~と思ったけれども、重商主義的教義を読まされる身にもなってみぃ!と思い却下。安かったんだけれどもね。同じ東大出版会のシリーズにてヒューム論文集の方に興味があったのですけれども、ミルのにゼロが1個ついて、お値段10倍、、ひぇ~~退散~~…
番外は東京堂にて涼みに入ったついでに見つけた 小林昇『東西リスト論争』みすず 、ですが新本すよ、新本! 珍しいですな、でも新本ゆえに定価であります。

という訳で本日は暑いのでGet1。ロッシャーとクニースといえば、現物を見たのは、とある東欧州経済・経済史研究の先生の部屋をかき回していたところ発見。ということで、
”せんせぇ~、この本と、ひるふぁじんぐの金融資本論くだせぇ~”
とReqったところ、
”そんなんに興味あんの? お前も怪しいなぁ~”
”いえ、コレクションの方で。”
”んじゃやらん~(w その代わりスターリン全集いらんか?”
チェキストになりたいっすけど、それはいりません、邪魔だし(w”
交渉決裂。
此御大、経済史出身の人の御多分に漏れず、時々 ”ほぉ~俺はこんな本を持っていたのか~!”と独り言を。
すでに何をもっているのか判らない様子。同じ本を2冊3冊当たり前。言い訳は、版が違うのよ、か、あるいはClothかPPの違いがな~でキマリ。
因みに経済史系の先生は、本を溜め込むのが好きなのに関しては一致してますが、問題は如何にして大量の本を、ただでさえ狭い研究室をより狭苦しくかび臭くするかに余念がない訳で、その方法が違う訳です。

A案:鍾乳洞形成で天然記念物狙い。
とにかく床でもテーブルでも古本屋のように本を積み上げます。噂によりますと、あの鍾乳洞も本人はどこに何が積んであるか、大体把握しているらしい、との事でビックリ!しかし地震が着たら即崩壊。是天下物理法則之定為候。

B案:研究室図書館化計画。
書架に2重・3重配架は当たり前。更に書架を無理やり追加して電動書架、二重書架、空中書架と研究室を書架だらけ、迷路に。
部屋が迷路なら本も何があるのか不明なので、とりあえずカードに起し、自分用の整理番号も。332-4 L-02とか。それを各書架に分類番号を張って出来上がり。という訳で大学には図書館は開放1箇所、秘密数箇所という事になる訳です。
此方、研究室の扉をあけ、右か左かの選択支を課す事3回、間違えたらお帰りはこちらへ。一見さんお断りな謎部屋に。
しかし、あまりにも溜め込みすぎて施設課から危険なのでそれ以上部屋に持ち込みは禁止ですよ、床抜けますので(w と苦情ならぬ警告が…

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ゾロアスター教と言えば、がっちりマンデー(7月31日放送、インド特集)で、インドの巨大財閥の「タタ」が紹介されていました。その創始者は、ペルシャからやってきたゾロアスター教徒で、ヒンズー教と違い、カースト制度に縛られずに、自由に職業を選び、商売をすることで、インド国内でどんどん伸びていったそうです。また、この財閥には、ゾロアスター教から通じる「社会貢献」思想があって、これによっても、ヒンズーの各階層からも支持されているそうです。
2005/08/03
(水) 20:01:34 | URL | 夢幻人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://risblog.blog14.fc2.com/tb.php/24-b04f5ee7
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 アール学派 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。