アール学派
フォーラム型の学術系サイト!? 社会学、経済学、経営学などの社会科学系が中心。 フォーラム型とは、複数人の執筆によるサイト運営です。みなさまのTB・CMは、歓迎いたします。ご自由にどうぞ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Yu-ta的読本事始 (Yu-ta)
ども。日々私小説流行は作家の堕落だ、と思っているけれども、自分が文章を書くとまさに堕落の極みを歩んでいるだと思うYu-taです。筒井の言うとおりに堕落論を読んで堕落しようかと本気で考えています。
日毎、週末になりますとノコノコと神保町に繰り出してムフフな本を物色し、コイツ本当に暇人だな、Yu-taクズだな、という感じですが、こういうと実も蓋もないですが本を読むのは嫌いなYu-taです。

そんなもので基本的には本好き少年や文学少女とは相容れないと思うのですが、本を読むのは嫌い、んでも本には知っておくべき事、知りたい事が書いてある訳でして、そりゃアレだ、読まんわけにはいかんぜ?という頃合です。
まったくYu-ta事でど~でも良いことですが、私がまっとうな本を読んだのは、自分が初めて学生だ~と思った年の夏休みでありました。
チョイスは、以前に講座にてとある先生が言っておったヴェブレンの本でした。
と言っても、ヴェブレンの書いた本ではなくて、仙人宇沢氏の解説書(w
この先生、確か講座は消費と社会、をテーマにしたものであったと記憶しているのですが、Yu-taのいた学部では一番「大学教授」らしい人だな~と思っておりまして、先生ご本人も上野千鶴子ふうに言う「かさばらない人」という感じで、先生のゼミは女風呂の様相を呈していたようです。
そんな訳でYu-taは大学教授とはあぁ言う人の事をいうんだと言うことで、此方プロパーなキャリアだと思っていた次第です。
気さくな先生ですので、機会の折に上のような話をしましたら、なんと以前は民間の研究所にて消費に関する研究をしてたの事でちょっとビックリ。うがった見方をすれば、そういった経験 -まぁ消費と消費者の分野なんぞは、きれい事だけでなくて実態は売った買った、騙されたお前が悪いんやで、という話ですので-、があるからこそ、のかさばらなさなのかな~と思ってしまう次第。

此方、さすがだな~と思うのはもう一点ありまして、偶然廊下ですれ違っても先生のほうから気さくに挨拶をいただけるのですけれども、Yu-taがヴェブレンの二元論というのは実は一元論を誤った解釈にて云々…などと話を振っても、吊られてのってきたりしないところであります。
社会科学はモラルサイエンスだという事を体現しているような先生にはYu-taの甘い誘い文句には乗ってこない訳でして、私のもっぱらの遊び相手になってくれてる人というのは、あんた教授なのに、こんな怪しげなチェキスト相手に2時間も付き合っててえぇねん?とこちらがツッコみたくなるくらいに、話好き。話好きすぎて自分のLoveタバコが切れて、1本目は、あぁスマン1本くれや、2本目は堂々とパクり、3本目以降は自分のタバコのようにポッケにしまおうとする始末にて…


話を元に戻しますと、最近の大学生にはまったく講義をしても話をしても彼らの感に触れんようだ…と熱心な方はよく言っているのですけれども、Yu-ta的には大学の講義なんぞはどうせ大教室でのマス教育なんで全ての人間に電球がピカ~っ!とさせる事は無理っすよ、えぇえぇ。それよりも、望めよされば与えられん、があるかどうか、That The Question, なんだと思いますよ~、なんぞと言っております。或いは、その時時点では、ほぉ~と思うだけでも、後になってあぁそう言えばあのセンセはこんな事いっとったな~、というふうに一人時間差でもOKな訳ですよ。
そんな一人時間差をしかけた上の先生、”あ、先生、ちゃ~すっ! ところでヴェブレンの"Higher Education in America"にて書かれてる現代資本主義と教育の関係について、彼の本能論的制度=思考習慣のなかでは云々…”と問うても、まだまだだな、Yu-taクンもっと面白いふうに考えたまえ、という事で、ニコニコと今日も暑いね~、がんばっとるかね~とサラリと返されたりしておりまする~。


ヴェブレン
宇沢 弘文
4000001825


-オマケ:これでキミも堕落しようっ!!(>▽<)-
堕落論
坂口 安吾
4101024022


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://risblog.blog14.fc2.com/tb.php/31-4e0abafe
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 アール学派 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。