アール学派
フォーラム型の学術系サイト!? 社会学、経済学、経営学などの社会科学系が中心。 フォーラム型とは、複数人の執筆によるサイト運営です。みなさまのTB・CMは、歓迎いたします。ご自由にどうぞ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
工学的・論理的な視点反駁への反論(夢幻人)
道具的思考も理解できます。有形・無形事象に対して。
程度の問題については、その区分・内訳を規定できる人間はいないと考えるのが普通でしょう。いわゆる、スタンドアローンコンプレックス状態では、その認知は不可能といえます。よって、その現状の領域範囲や人為的な操作可能領域を詳細に区分することは、当然ながら限界があります。バイアスがぬぐい切れない(欺瞞的な)統計手統計的手法などを用いたりはしますが。たとえ自然科学であっても(本来のこのブログの領域外ではありますが)、水は100℃で沸騰するとありますが、それは実際には嘘です。許容範囲内として、例えば99.9999・・・℃も100℃と規定し、100℃で沸騰と認めているのでしょう。また、温度には華氏と摂氏があるように尺度の違いによっても、とらえ方は異なるといえます。
また、氏も述べているバイアスの可能性が正常であるならば、その川下にある行動にも変化を生じさせることは当然のことと言えます。すなわち、企業行動も個体行動もコロコロ変わるのは何ら不思議なことではないと考えられます。ただし、あまりに節操のない変化は、状況が受け入れがたい側面が大いにありますが。
また、システムなどルール的な事象に関して、人間がその領域を規定しているため、それを超えた部分に関しては、無論ながら、限られた合理性下にあり、コンティンジェンシー・セオリーの示すとおり、対処していくだけのことと言えます。
さらに、嗜好性の変化については、彼らは限られたシステム化において、一方で、試行錯誤を繰り返しているともいえます。また一方では、認知不可能な部分の具現化、もちろんこれにも特定領域からのアプローチになってしまうとは思いますが、新たな規定を模索しているといえます。刺激―反応に対し、どうとらえるは、企業によって異なる継続的に対処する問題と考えられます。むろん、程度の規定できませんが。
そして経験的手法の件とも重複しますが、経験的手法の名の下に許されしまう行為がおかしいのです。また、経験的手法とは別物のものまで、経験上という前例として包含されてしてしまうことに危惧の念を隠しきれないということです。保守的方向に振れる人間の性ではありますが。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://risblog.blog14.fc2.com/tb.php/34-980e1497
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 アール学派 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。