アール学派
フォーラム型の学術系サイト!? 社会学、経済学、経営学などの社会科学系が中心。 フォーラム型とは、複数人の執筆によるサイト運営です。みなさまのTB・CMは、歓迎いたします。ご自由にどうぞ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まだまだ続くよ、リ・ス・ト・ラ(夢幻人)
有名人(女性キャスター)がトップに就いても、“はてな”ですね。
現環境大臣にせよ、今回の三洋にせよ。世間を欺く、単なる広告塔ですよね。

2007年問題と技術の継承を含めて、いかに考えているのでしょうか。
万が一、まだ本当に無駄で、リストラできる社員がいると考えているだけで、そのような人材が未だに残っていたというのであれば、恐ろしいことですね。よく会社やっていられますって感じです。短期的代替可能性に着目しただけでは競争優位は確保できませんね。
そして、未だに、きれいごとのように、成果主義などという幻想を御大層に抱えている企業があると思うとぞっとします。日本的成果主義なるものを企業文化にマッチングさせて作っていこうとするならば、まだしも。
たいてい、リストラは、単に人件“費”だけを解決するだけで、中間域能力の社員が残ってしまい、企業の新陳代謝どころか、目立たないものになってしまうのがオチと考えています。
2007年問題、ゆとり世代の就職、そして格差社会へと向かう自己責任の本格化へと、未来へのキーワードが満載です。
企業がババを引くのか、労働者がババを引くのか、また、両方が罰を受けるのか、これから面白くなりそう。

関連ニュース(Yahoo!ニュース):
「三洋、1万人強削減 グループの1割 子会社売却や統廃合」
「半導体部門で1000人削減 松下が早期退職募集」
「三洋電機 国内工場2割閉鎖 新経営計画 社員15%削減へ」関連書籍:
隣りの成果主義
溝上 憲文

4334933475

関連商品
やる気を引き出す成果主義ムダに厳しい成果主義
数字と人情―成果主義の落とし穴
内側から見た富士通「成果主義」の崩壊
日本型「成果主義」の可能性
成果主義を超える
by G-Tools
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://risblog.blog14.fc2.com/tb.php/9-d2251e6f
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 アール学派 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。